カジノと暗号通貨の今後の関係性

世界は急速に変化し、伝統的な交換の領域から離れています。暗号通貨の人気が高まり、このエキサイティングな新しい支払い方法を使用して、デポジットを行い、オンラインカジノゲームに従事する可能性が出てきたのです。この新しい支払い方法は、最近の経済慣習を大きく変えました。これは、完全にデジタル化されたピアツーピアの決済システムです。銀行が取引をチェックしないデジタル通貨の一種です。誰でも、どこでも、いつでも、デジタルマネーを送ることができるので、簡単だ。

暗号通貨」の語源は、取引の確認に使われる技術である「暗号」に由来しています。電子財布や公開台帳を横断して暗号通貨からお金を転送・保管するために、暗号通貨はコードに依存しています。また、ブロックの形で取引を記録し、さらにタイムスタンプ付きの取引を記録するブロックチェーン技術により、ユーザーに完全なセキュリティを提供します。これは、暗号通貨のデジタル台帳がハッカーに読み取られないことを意味し、安全な交換形態となっている。このように安全性が高いため、数多くのカジノがこの支払い方法を受け入れているのは当然のことです。

暗号通貨が一般に普及してから、ギャンブル業界は急速にその可能性を見出した。暗号通貨の使用を採用した最初の産業の1つであり、今日、多くのオンラインカジノが支払い方法として暗号通貨を受け入れています。暗号に詳しい人だけを対象にしたオンラインカジノもある。プレイヤーが暗号通貨ベースのギャンブルに移行し始めているのには、納得のいく理由がたくさんあります。ここではそのいくつかを紹介します。

 

非中央集権的

システム内に規制のための中央機関が存在しないため、誰もあなたのビットコインを取り上げたり、暗号通貨アカウントをブロックしたりすることはできません。あなたは自分のお金の所有者であり、それを完全にコントロールすることができます。

 

取引手数料

ライセンスを持つオンラインゲーム運営者の立場からすると、ネットカジノサイトで暗号通貨による支払いを受け入れることは、多くのメリットをもたらす可能性があります。従来の支払い方法では、加盟店がより良いレートを提供できることが多いのですが、支払いサービスプロバイダーに支払うコストにより、多額の資金が無駄になることがあります。しかし、暗号決済の場合は事情が異なります。最大手の暗号通貨決済処理業者の多くは、0.5%という低率を提供しており、これはフィアット通貨を受け入れる競合他社よりも低い数値です。あなたのサイトで暗号決済を受け入れる場合、処理コストを現金で節約できる決済システムを使用することで、収益を大幅に増やすことができます。

 

セキュリティ

カジノがある場合、ビットコイン決済は一度行われると取り消すことができないため、安全です。しかし、クレジットカードは、取引が無効または虚偽であると考えられる場合、カード所有者がチャージバックを開始することを許可しています。先に述べたように、ブロックチェーンには最初から多要素認証が備わっており、暗号通貨はより安全な決済手段となっているのです。

 

 

処理について

カジノでの取引は、銀行やオンライン決済プロセッサの大半で処理に5~7営業日かかることがあります。これは、特に賞金をすぐに現金化する必要がある場合、面倒なことになる可能性があります。ビットコインの取引は、特に大金でない場合は数分で完了することを知っておくとよいでしょう。このため、ビットコインはオンラインカジノで最も速く、最も人気のある引き出し方法です。しかし、特定のカジノでは、セキュリティを確保するために取引を手動で処理するため、出金に時間がかかることがあります。

多くの情報源は、暗号通貨が近いうちにオンラインカジノの主な収入源になることを示唆しています。これは、これらの支払い方法が、ギャンブルにおいて有益かつ効率的であるという数多くの利点があるためです。また、この支払い方法を選択するギャンブラーが増えるため、近い将来、カジノはビットコインだけでなく、他の暗号通貨も受け入れ始めると予測されています。両者の利点は、近い将来、さらに重要なトレンドに成長する可能性がある主な理由のひとつに過ぎません。

参加者は、ビットコインでギャンブルをすることによる安全性とプライバシーの恩恵を受け、カジノは、費用対効果の高い方法によって、プレイヤーに利益をもたらします。さらに、この手続きに関連する銀行や金融機関は存在しません。さらに、カジノは、居住地や居住国のギャンブルに関する法律に関係なく、世界中のプレイヤーから暗号通貨を受け入れています。結論として、ブロックチェーン技術、そして暗号ゲーミングは、技術の進歩とともに確実に発展していくでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です